ココナッツオイルの使い方

最近ココナッツオイルと言う名前を良く聞くようになりました。美容と健康の為に良い、と言われています。ダイエットに効果的で、身体の中からキレイにしてくれるそうです。
ココナッツオイルは20〜25℃で液化するので、冬の寒い時は部屋の中に置いておいても白く固まっていますが、夏に暖かくなると透明の液体になります。どちらでも使いやすいように使えばいいと思うので、夏に液化しているのが嫌ならば冷蔵庫へ入れて、冬に液化させたいのであれば軽く電子レンジでチンするといいと思います。
ダイエットの為の使い方は、ティースプーン1杯くらいから始めて、毎日飲むと良いそうです。ココナッツオイルをそのままティースプーンですくって飲んでもいいし、飲み物に混ぜても大丈夫です。飲み物はコーヒー、紅茶、ココア等が相性が良いようです。ココナッツオイル独特の香りを一緒に楽しむ感じで飲むといいと思います。
解毒作用があるので、自分の体調を見てティースプーン1杯から2杯、3杯と量を自分に合うように調節して行くといいと思います。ティースプーン1杯、2杯、と言うのは量の目安で、その度にコーヒーや紅茶を飲まなくてはならないわけではありません。
ココナッツオイルは料理にも使えます。簡単なところでは、トーストにバターを塗る代わりにココナッツオイルを塗るだけでもいいです。カレーにココナッツオイルを混ぜておくのも風味が増して美味しくなります。サラダや、野菜炒めに使っても美味しいです。
食べるばかりがココナッツオイルの使い方ではありません、寝る前にお風呂から上がったら、乳液代わりにココナッツオイルを薄く塗ります。この時は好みにもよると思いますが、液化した状態の物を使った方がキレイに塗れると思うので、寒い時は電子レンジで使う分だけチンしてから使っています。ココナッツオイルはオイルなのでベタベタするかなって思われがちですが、塗ってしばらくするともうサラッとしています。でも気になっていた乾燥は無くなっていて、サラッとしているのにしっとりしていてくれます。翌朝起きてもサラッとしっとりしています。
まだまだ色々な事に使えるココナッツオイルですが、ちょっと使ってみようかなって思う入門編ではこれくらいから始めてみてはどうでしょうか?ココナッツオイルの瓶を買った時は、余ったらどうしよう…なんて思いましたが、飲んだり食べたり塗ったりしているとあっという間に使ってしまっていて、大きい瓶入りが売られている事にも納得でした。