ココナッツオイルでホルモンバランスを整る

ホルモンバランスが崩れると体調が悪くなったり、ニキビや肌荒れになったり、睡眠障害やストレスなど精神的に不安定になってしまいます。
ホルモンバランスと言っても、色々な種類のホルモンを作り出す臓器は体内の至る所にあり、その中でも最も重要な部位は視床下部や下垂体、甲状腺や副甲状腺、副腎や膵臓、精巣や卵巣などが考えられます。

 

男性の場合は自律神経が乱れ生殖機能、免疫機能が下がるなどの症状が出てきます。
症状は時間が経てば回復はしますが、長期で考えるなら規則正しい生活や和食を積極的に取るようにしたり、ココナッツオイルを摂取してみると良いでしょう。
睡眠や食べ物が最も重要なので、6時間以上で午後10時頃から午前2時頃までには寝られるように心がけ、適度な運動や体を冷やさない、リラックスすることを心がけましょう。

 

またストレスや運動不足によってホルモンが少なくなることがありますが、ホルモンは年齢を重ねていくうちに少なくなっていきます。
体内で作り出される量が一番多いのは男性は20代半ば、女性が20代前半から30代半ばで、女性の場合は40代になるとさらに低くなり50前後で更年期になり生理が来なくなりなす。

 

ホルモン治療は、ホルモン注射や塗り薬、錠剤などで治療する人も増えてきていますが、ホルモンバランスを治そうと思っても、食事で全てを補う事は難しいですよね?
そこでココナッツオイルの登場です。
ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が多く含まれているので、ホルモンバランスを整える効果があります。
またココナッツオイルの成分は、主に飽和脂肪酸で出来ておりウラリン酸やビタミンEが豊富に含まれています。
飽和脂肪酸はバターやラードなど動物性の脂に多く含まれていますが、ココナッツオイルの場合は飽和脂肪酸の中でも「中鎖脂肪酸」に分類に入りますし植物性油脂なのでホルモンバランスを崩さず食事を取る事が出来ます。
しかし、接種しすぎるのは体に良くないので適正量を守って下さい。