ココナッツオイルで冷え性を改善させよう!

日本で爆発的にヒットし、ミランダ・カーもこれなしでは生きられないと公言する程人気の高いココナッツオイル。
栄養豊富で様々な用法が知られて来ていますが、ココナッツオイルは冷え性の人の強い味方でもあることをご存知でしょうか?

 

冷え性の主な原因は生活習慣にあると考えられています。
その中でも特に注目したいのが食生活の乱れと冷え性との関係です。
食の欧米化が進み、普段の食生活はお肉中心の野菜不足となっている人も多いのではないでしょうか。
また一人暮らしの人は自炊するよりもコンビニ弁当等で手軽に済ませる人も少なくないと思います。
そういった食生活を振り返った時、人の身体はタンパク質や脂肪、糖分を過剰に摂取して血糖値やコレステロール値が高くなっており、その裏側で健康な身体に必要なミネラルやビタミンは十分に補えてはいなくなっています。
またダイエットしている人にありがちな事ですが、無理なダイエットによってもこれらの栄養素は不足しがちになっています。
ビタミンとミネラルの不足は新陳代謝を低下させ、冷え性や生理不順などを招く最も大きな要因のひとつとなっています。

 

ココナッツオイルには、食物繊維・ビタミンE・ミネラルが豊富に含まれています。
ここで最も注目したいのがビタミンEです。
ココナッツオイルにも含まれるビタミンEには毛細血管を広げ、血流を良くしてくれる作用があることが分かっています。
つまり、ココナッツオイルを摂取することで手っ取り早く体温が上昇し、冷え性改善に役に立つのです。

 

またビタミンEには細胞の酸化を防ぎ、しみやそばかすを防いでくれる働きもあります。
ココナッツオイルを摂取することは、お肌にとっても冷え性にとってもとても良いことなのです。

 

一日の摂取量の目安は大さじ1杯から3杯。
トーストに塗っても良いですし、コーヒーに入れても良いでしょう。
またサラダにかけて食べても美味しく摂取出来ます。

 

効率よく栄養を摂取するためには、ヴァージンエクストラココナッツオイルのものを取り入れ、冷え性を改善させましょう。