今話題のココナッツオイルの効能とは?

海外セレブや芸能人も愛用していることで話題のココナッツオイル。いったいどのような効能があるのでしょうか。
まずココナッツオイルのダイエット効果についてです。ココナッツオイルは油ですが、油にも種類があり一般的な食用油は長鎖脂肪酸というものです。長鎖脂肪酸はゆっくりと吸収されるので分解も遅く過剰分が体内に蓄積されやすいのです。

 

それに比べ、ココナッツオイルは吸収が早く、すぐにエネルギーに分解され、体内に蓄積されにくい中鎖脂肪酸に分類されます。しかも中鎖脂肪酸に含まれるケトン体が体に蓄積された長鎖脂肪酸の燃焼を助ける働きがあるため、体脂肪を減少させてくれる働きがあるのです。食べても太らないどころか痩せるなんて夢のような食品ですね。

 

その他、(参考サイト:dha epa 人気サプリメント)インスリンの抵抗性の改善による糖尿病の予防や、脳細胞の破壊を抑制し痴呆症やアルツハイマーの予防したり、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす、体に有害な活性酸素を除去して細胞の酸化を防ぐことでアンチエイジング効果、抗菌作用による免疫力アップやアトピー改善など、ココナッツオイルには数え切れないほどの効能があり、大変優秀なスーパー食品なのです。

 

お手軽にココナッツオイルを摂取

ココナッツオイルの摂取方法は、食事に取り入れるのが一番簡単でお手軽です。例えばコーヒーやホットミルクに入れる、サラダにドレッシングとしてかける、パンに塗る、調味料として料理に加えるなどです。ココナッツオイルは必ず精製されていないバージンオイルを使うようにしましょう。

 

精製されているものは有効成分が抜かれていたり、添加物が入っていたりするのでお勧めできません。だいたい1日に大さじ2、3杯程度を摂るのが良いそうですが、最初は大さじ1杯から始め、慣れてきたら徐々に量を増やしていく方が体に優しい方法だと思います。

 

スゴい!ココナッツオイルの様々な使用法

ココナッツオイルを直接お肌や髪の毛に塗るという方法もあります。ココナッツオイルに含まれているビタミンEがシミを改善すると言われているので美容液のように使ったり、高い保湿力を持っているので髪の毛に塗ると少量でもしっとりとした艶やかな髪になりますのでヘアオイルとしても使えるのです。

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は分子量の小さいので、浸透しやすくさらっとしたつけ心地なので全身の保湿ケアに使えます。ここでも必ずバージンオイルを使うようにしましょう。

 

無添加なので赤ちゃんのベビーマッサージにも最適です。
いかがでしたか?ココナッツオイルは、1つあるだけでこれだけの活用法があるのです。ココナッツオイルで美しく健康な体を手に入れましょう!


厳選!ココナッツオイル

お手軽!ココナッツオイルサプリメント

 

VCOサプリメント

 

ヴァージンココナッツオイルサプリメント

 

 

ココナッツオイルには様々な効果が期待できます。美容効果やデトックス効果、最近では認知症予防にも注目されていますね。そんなココナッツオイルを手軽に摂ることができるサプリメント【VCOサプリ】がとても人気♪
実際に飲んだ方の満足度は驚異の92%
始めやすい特典やサービスがあるのもVCOサプリの嬉しいポイントです。

  • おすすめポイント
  1. ヴァージンココナッツオイルの原液をそのまま配合。
  2. 天然の母乳成分【ラウリン酸】が豊富。
  3. 15日返金保証、初回限定特典があって始めやすい。

ヴァージンココナッツオイルで内側からケア

万能!?ココナッツオイルの使い方

ココナッツは、熱帯地方に分布しているココヤシの実です。古くから食べ物や、飲み物、また薬としても使われてきました。そんなココナッツの果肉から取られた油が、ココナッツオイルです。そしてこのココナッツオイル、食べたり、塗ったりと大活躍してくれるのです。

 

まず、ココナッツオイルの食べ方についてです。当然、直接食べてもよいのですが、お手軽な方法としては、温かい飲み物に入れるのはいかがでしょうか。ホットミルクに入れてもおいしいですし、紅茶や緑茶に入れれば、ココナッツの香りがするフレーバーティーに早変わりです。ちなみに、冷たい飲み物に入れると固形化してしまいます。
他にも、トーストやパンケーキにバターの代わりにのせるというのもカンタンです。炒め物や揚げ物の油を、ココナッツオイルにしてみたり、サラダにかけて、ドレッシングのかわりにするというのもおいしいです。
また、ココナッツオイルでお米を炊くとカロリーが50%になるという報告もあります。
その方法は、
用意するものは、お米2分の1カップ。ココナッツオイル小さじ1杯。

  1. ココナッツオイルをお湯に溶きお米に入れる。
  2. 鍋で40分間炊く。
  3. 炊きあがったご飯を冷蔵庫で12時間寝かせる。

以上です。寝かした後はまた温めてもいいそうです。
 買ってはみたものの、どう使っていいか分からないという人も多いかと思いますが、調味料の一つとして、気軽に使えばいいのかもしれません。

 

つぎは、食べる以外の使い方です。
オイルですから、クレンジングに使えます。ポイントメイクは難しいですが、軽いメイクならば落とすことができます。そして洗顔の後にもココナッツオイルの出番です。化粧水の前につければ化粧水を浸透させやすくするブースターの役割をしてくれますし、化粧水の後ならば水分を逃がさないようにしてくれます。アンチエイジングサプリ
保湿効果があるので、特に乾燥しやすい目元や口元、荒れた手や、かかとのガサガサにもおすすめです。
そのうえココナッツオイルは、消炎・抗菌作用があるので、ニキビや吹き出もの対策にもなります。
また妊娠中の方は、妊娠線の予防にも使えます。お風呂上がりに少量をのばして塗るとべたつきも少なく使いやすいです。

 

もちろん、肌だけではなく髪にも使えます。オイルを頭皮に付けてヘッドマッサージをすれば、毛穴につまった皮脂や汚れが取り除かれ、抜け毛の予防にもなります。
そして、ココナッツオイルで髪をパックすれば、カラーやパーマにより傷んだ髪が修復、補修され、艶や潤いがでてきます。

 

ココナッツオイルは、食べたり塗ったりと手軽に使えます。これで、「使い切れないかもしれない」という心配ともサヨナラですね。肌に合わない場合もあるので、必ずパッチテストをして下さい。